風に吹かれて

日常の出来事、思い出、などを綴ります

菊を見て、きくさんを思い出した

      



                                         



              私の祖母の名前は [きく] です。


              菊を見て 思い出しました。


            明治生まれなのに ハイカラなのです。


            文明開化の音がする・・状態だったかも。


      『 おじいちゃんと どんなふうにして知りあったの?』と尋ねたら


      『 飲み屋で じいちゃんに声をかけられた 』というではありませんか。


      今でいう ・・あれっ、 言葉が出てこないわ。 ナ、ナン、ナ・・。


       明治だと 時代が時代だけに お咎めを受けたりして。(そんなことはないか。)


            きくさん、( 60年前に,没 )


      結構 嫁いびりをしたという、母の代になって 猫のようになったという。


      & やきもち焼いた。 若い母に 嫉妬したという。(あるでしょうね) 


       やきもちは  私が思うにキラウエア火山級と 察する。


      私に 遺伝したかもなぁ・・、食えない餅を焼くから。



          孫の私には チョー優しかった。


          でも 挨拶に関しては 厳しかったなぁ。



       『 さ・し・す・せ・そ ができて一人前 』とも 言っていた。


 さは 裁縫  は 躾  は 事  は 洗濯  は 掃除


 さは どうしても苦手で 針をもつと 『お天気が変わる』と言われたものだった。


       そう言えば  雪の便りが聞かれるようになりましたね。


       そして 今年も カレンダー1枚を残すのみになりました。


             はやい はやい。 光陰矢の如し。


              
       あれ? きくさんの話は どこにいったー?!


       いつも 脱線するんですよね。 許してください。


 さて きくさんに編んでもらったマフラーを首に巻いて 断捨離でもしようかなぁ。





   今 生きていたらスマホを
  やりかねない。
  チョコレートが大好きで
  布団の下に隠していた。               【イラストAC】




            きょうお誕生日のかたおめでとうございます


              読んで頂き、ありがとうございました。