風に吹かれて

日常の出来事、思い出、などを綴ります

人は何故山に登るのか

        

               なんという名前のお花だろう・・高山植物かなぁ


     
                   「そこに山があるから」という文句は誰でもご存知かと思いますが


これは イギリスの登山家 ジョージ・マロリーが 言ったとか言わなかったとか


いや 言っているんですよね。 ( もぉ~、という声が聞こえそう、すみません )


登山を 人生に例えて 山あり 谷あり・・・いやいや この際 哲学的な


意味合いを考慮せず  進めることにして。



女性登山家は 『これで もう 一歩も 歩かなくていいわ』と言ったとか。  


エベレストに登頂したとき 放った言葉だそうですが そうまでして登頂するのは


緑の季節だから、キレイな空気を吸いたいから 山を征服したいからと


いろいろ理由があるのでしょうね。 


蛇足ながら 私なら 高山植物を 愛でたいかなぁ。 (← どうでも良いって? )




前置きが 非常に長くなりましたが 私の "山" 的性格 はたまた "谷" 的性格について。


頼まれれば、NOと言えない性格。  先日 プロティンを勧められた。


一袋 5000円以上はするもの。 早速 頭の中で そろばん(古っ)を はじいた。


余裕がないのになぁ と思ったものの、話術に長けたお姉さんに 完敗。


ー ジャパネットたかた ー かい?! と少々腹が立ったが


飲用してみて 手のガサガサが 解消、しっとりしてきた。


そういえば、 顏にも ツヤが・・。( 決して まわしものではゴザイヤセン )


これで 購入したことに 後ろめたさを感じなくてよい。 納得できたから。 


と 都合の良いほうに気持ちを切り替えた。




私の課題  うまい話に乗るな  ですね。 (よく言うよね~('◇')ゞ)


しかし 忘れた頃にやってくるんですよね、災害なみに。


今回は 山でも 谷でもないことにして・・・。



        登山をする一か月前から
    太腿を鍛えれば
     誰でも山に登れるんだって!                                                                         【イラストAC】


            


            きょうお誕生日のかたおめでとうございます


              読んでいただき有難うございました。
                                             では また・・。